フィリピン

フィリピン人訛り

このエントリーをはてなブックマークに追加

今では留学を考えている人なら一度は聞いたことがあるだろうフィリピン留学。聞いたことはあるがフィリピン留学についてまだよくわからないという人が多いのも事実です。「フィリピンに行ったらフィリピン人は訛りが強いからその訛りになっちゃいそうだから嫌だ」「英語はネイティブスピーカーから学びたい」と言っている人がいました。今回はそのような人のためにフィリピン人の訛りは英語学習にどれくらい影響を与えるのかを紹介していきます。

フィリピン人には訛りがあるのか

フィリピン人はまず英語を話せるのか

フィリピン人は世界で第三位に英語を話す人口が多いといわれています。これは英語をネイティブのように話す人口が多いわけではなく、英語を使ってコミュニケーションが取れる人口が多いということを表しています。フィリピン人の公用語は英語ではなく地域によってタガログ語やセブアノ語と呼ばれる言語を使っています。しかし、元々アメリカの植民地だったため学校の授業は国語以外全て英語で教えられているのでフィリピン人は英語を話せます。

フィリピン人は訛りが強いと思っている人がたくさんいます。確かにフィリピン人は母国語が英語ではないためフィリピン人特有の訛りがあります。しかし、アメリカ人にもアメリカン訛り、オーストラリア人にもオーストラリアン訛り、イギリスにもブリティッシュの訛りがありどこの国に行っても訛りはあります。また、語学学校で働いている先生たちは高等の英語教育を受けているため訛りが強くて英語が聞き取れないと感じることはないでしょう。

 

ビジネス能力NO.1のフィリピン英語

訛りは英語学習に影響を及ぼすのか

非ネイティブスピーカーから英語を学ぶメリット

 

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加